茶入板起作り

茶入板起作り

◇板起し(いたおこし)とは古唐津特有の技法で、そこ板の上に紐を詰めあげ後で水引成形したものをいいます。

Related posts:

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.