叩き技法(たたき)とは

叩き技法(たたき)とは、日本での古くは縄文式土器時代より始まった土を使った物つくりは、現代でも脈々と続いております。
細く紐状にした土を積み重ねていき形を成形し、その表面を紐で編んだ縄状の物を転がしながら綺麗にする技法が「縄文式土器」の作り方です。
唐津の「叩き技法」も焼成温度は違えども、積み上げ方は変わらず、ただ違うのは表面を綺麗にするときに、内側に丸太を輪切りにしたコテと外側に叩き板を使って、挟むように叩いてならすというやり方です。内側に移る青海波状紋は、丸太の輪切りにした年輪の跡がついた物で、リズム良く叩いていくと綺麗な「波状紋」が残ります。
水をあまり使わず叩き締めて丈夫に造り、薄く軽く仕上げ「頭上に甕を乗せて運ぶ女性」の甕を作ることが出来るのです。その合理性が茶人に受け入れられたのではないでしょうか。

 

叩き技法(たたき)とは

 

Related posts:

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.