青唐津 片口 ぐい呑 鶴田純久作 良い器は、よく喋る。

品目:青唐津 片口 ぐい呑
ytga030
◇寸法 長径:約7.9センチ × 高さ:約5.2センチ 重さ:約126グラム
◇このぐい呑は、小さい片口のぐい呑です。この小さい片口は昔は樽の注ぎ口の受け片口に使われていたようです。全面にグリーンの上薬が施され素朴な可愛い片口になっています。
◇砂気の多い土が素朴な削り味で縮緬皺を呼味わい深いものにしています。
◇ぐい呑で作られていますが薬味入れなどの色んな用途に使えると思います。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇青唐津(あおからつ)とは、一般に古唐津の窯で上等品でない器にこの手の上薬を施し焼いていたようで、上薬の生成過程でも粗末なもので不純物の多い土灰と土石類とを混ぜ合わせ、量産ものに使われたようです。普通は暗い緑が多いようでが、たまたまこれが還元炎で焼かれているとグリーンの青磁色に発色して綺麗なグリーンになります。現代ではその素朴さ故に野武士のような唐津とかみ合って、人々には癒やしの色として映り探求されています。土の色とか窯の焼成方法でいろんな色に変化しそれが見所になっています。

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.