絵唐津 草紋 筒 ぐい呑 鶴田純久作 面白く飲む 呑み方も美味しさの一部である

品目:絵唐津 草紋筒ぐい呑 鶴田 純久作
ytge128
◇寸法 長径:約6.4センチ × 高さ:約6.7センチ 重さ:約136グラム
◇このぐい呑は、筒型のぐい呑で正面に大きく裏面には小さく草の文様が描かれています。それを覆う上薬は白くて艶がなく全面にかけられていますがその濃淡で景色が醸し出され味わい深い物になっています。
◇砂気の多い土と手練で成形されているため口周りや腰回りなどに歪さが出てやわらかみが出ています。
◇底の部分高台畳付には貝高台の跡が残っています。
—–予備説明—–
◇絵唐津(えからつ)とは、鉄絵のある唐津はすべて絵唐津と呼ばれます。唐津の窯で最も普遍的に上釉として用いられたのは、土灰釉か長石釉ですが、この釉下の地膚に絵を描けば絵唐津になります。胎土の上に、草花文様や橋上人物図など瀟洒(しょうしゃ)な絵を鉄の絵の具で描き、その上に上釉を施したものです。絵柄についても簡素な李朝風の絵柄から織部好みとされるデザイン性に富んだ絵柄まで幅広くあります。
◇貝高台(かいこうだい)とは、単体では高温で溶けることのない石灰石、その成分で出来た貝を器とハマや窯床との間に敷き宙に浮いた状態でお互いの焼き付きをなくす役割をします。焼成後は湿気で粉状になり簡単につぶすことが可能ですので後処理が簡単であることが、昔から窯道具としてよく使われていた所以でしょう。単体で溶けない石灰石ですが貝殻の塩基成分とかみ合って土と溶け合い貝殻の跡がくっきりと残ります。その溶けて残った跡を装飾の意味で貝高台と称しています。

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.