絵唐津 円相紋 筒 ぐい呑 鶴田純久作 ただ一度のものが、僕は好きだ。

品目:絵唐津 円相紋筒ぐい呑 鶴田 純久作
ytge130
◇寸法 長径:約8.2センチ × 高さ:約5.5センチ 重さ:約136グラム
◇このぐい呑は、やや大きめの筒型のぐい呑で、正面には円相紋、後ろには簡素な草文が描かれ透明感がありややブルーがかった上薬が全体にかかっています。正面の脇には炎が当たったらしく黒く窯変しています。
◇やや砂気のある土で製作され成形も手練と言うことで口縁部分が歪になり、それが味わいを醸し出し、鑑賞の見所でもあります。高台も地理目皺がありざんぐりとした削り具合も素朴で唐津らしさがにじみ出ています。
—–予備説明—–
◇絵唐津(えからつ)とは、鉄絵のある唐津はすべて絵唐津と呼ばれます。唐津の窯で最も普遍的に上釉として用いられたのは、土灰釉か長石釉ですが、この釉下の地膚に絵を描けば絵唐津になります。胎土の上に、草花文様や橋上人物図など瀟洒(しょうしゃ)な絵を鉄の絵の具で描き、その上に上釉を施したものです。絵柄についても簡素な李朝風の絵柄から織部好みとされるデザイン性に富んだ絵柄まで幅広くあります。
◇窯変(ようへん)とは、作者が意識せず窯の中で炎や灰がかかり、上薬や土膚が別の雰囲気に変化した物をいいます。上薬や土の性質、窯の炊き方や窯の場所等で多種多様の要素で変化が起こり、焼き物の特に陶器の創作上や鑑賞の上で重要な部分を占めています。

Related posts:

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.