備前唐津 半筒 ぐい呑 鶴田純久作 器にしか埋められないものがあります。

サイト:唐津ぐい呑 http://karatsuguinomi.com/
品目:備前唐津 半筒 ぐい呑
ytgy008
◇寸法 長径:約7.3センチ × 高さ:約6.1センチ 重さ:約114グラム
◇このぐい呑は、やや大きめの半筒のぐい呑で唐津特有で土灰釉を薄くかけ焼しめてあり、火回りの加減で色が変わるのと手練特有の凹凸感などと相俟って微妙な雰囲気を醸し出しています。
◇高台は小さく縮緬皺も添えて唐津の素朴な雰囲気があるものにしています。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇備前唐津(びぜんからつ)とは、叩き締めた赤い土膚に灰釉を薄くかけて焼いたもので、一見焼〆のように見れますがその錆びた色あいと土の締まり具合、そして強い織部好みのひずんだ形が備前茶陶によく似ているため、近来この類を備前唐津と呼ぶようになりました。もとは朝鮮唐津といわれていたものですが、飴釉。藁灰釉のかけ分けの朝鮮唐津と区別するために備前唐津と呼ぶようになりました。
唐津焼ぐい呑のサイト http://karatsuguinomi.com/唐津ぐい呑をよろしく。

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.