備前唐津 筒 ぐい呑 鶴田純久作 あしたのために、いま呑もう。

品目:備前唐津 筒 ぐい呑
ytgy018
◇寸法 長径:約7センチ × 高さ:約7センチ 重さ:約126グラム
◇このぐい呑は、やや高めの半筒形のぐい呑で、唐津焼〆特有の薄く土灰釉を全体に施し焼き上げるという事で土は赤く火に焼け正面には火回りの加減で色の変化が出て景色にしています。見込み内に貝殻の跡が残り色の変化も出てそれが一番の見所でしょう。
◇やや砂気の多い土は縮緬皺を誘い素朴な削りと相俟って唐津特有の高台になっています。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇備前唐津(びぜんからつ)とは、叩き締めた赤い土膚に灰釉を薄くかけて焼いたもので、一見焼〆のように見れますがその錆びた色あいと土の締まり具合、そして強い織部好みのひずんだ形が備前茶陶によく似ているため、近来この類を備前唐津と呼ぶようになりました。もとは朝鮮唐津といわれていたものですが、飴釉。藁灰釉のかけ分けの朝鮮唐津と区別するために備前唐津と呼ぶようになりました。

Related posts:

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.