絵唐津 草紋 茶碗 鶴田純久作 この茶碗は自分がしあわせであるために必要だと思う。

サイト:ヤフーストア HISASIH-SHOP http://store.shopping.yahoo.co.jp/hisasihshop/
品目:絵唐津 草紋 茶碗
ytoe027
◇寸法 長径:約13.6センチ × 高さ:約8.8センチ 重さ:約344グラム
◇この茶碗は、碗形の茶碗で正面に単純にデザイン化された草の紋様が描かれています。淡く乳濁した透明釉を全面に施しその濃淡と絵模様が絶妙な景色を醸し出しています。
◇やや砂気のある土で高台際は縮緬皺と薪の灰によるよく焼しまり、高台畳付には目跡が窺えます。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇絵唐津(えからつ)とは、鉄絵のある唐津はすべて絵唐津と呼ばれます。唐津の窯で最も普遍的に上釉として用いられたのは、土灰釉か長石釉ですが、この釉下の地膚に絵を描けば絵唐津になります。胎土の上に、草花文様や橋上人物図など瀟洒(しょうしゃ)な絵を鉄の絵の具で描き、その上に上釉を施したものです。絵柄についても簡素な李朝風の絵柄から織部好みとされるデザイン性に富んだ絵柄まで幅広くあります。
◇目跡(めあと)とは、器物と器物がくっつかないように中間に高温でも溶けないものを挟み込んで焼成し、窯から出した後挟み込んだものを処理した跡を言います。現代には窯道具として棚板などがあり、より多くの器物が焼けるようになりましたが、古くはそれがなくより多くを焼くために「重ね焼き」という方法をとっていました。茶碗や皿などを重ね焼くのですがその中間(高台と下の器の見込み)に土や石などを挟み焼いていました。また、器物の高台と窯床が溶接しないように挟み込んでいます。その残った跡を装飾の意味で目跡と称しまています。

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.