絵唐津 円相紋 茶碗 鶴田純久作 いい器には、色がある。

品目:絵唐津 円相紋 茶碗 鶴田純久作
ytoe161
◇寸法 長径:約13センチ × 高さ:約8.2センチ 重さ:約300グラム
◇この茶碗は、オーソドックスな碗形の茶碗です。正面には円相紋が二重に描かれ全面に梅花皮の出た釉薬が施されています。程良く出た梅花皮と円相紋のかすれ具合が絶妙な景色を醸し出しています。
◇全体の色は肌色でいわゆる琵琶色で使い込めば使うほどよく育つ茶碗だと思います。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇絵唐津(えからつ)とは、鉄絵のある唐津はすべて絵唐津と呼ばれます。唐津の窯で最も普遍的に上釉として用いられたのは、土灰釉か長石釉ですが、この釉下の地膚に絵を描けば絵唐津になります。胎土の上に、草花文様や橋上人物図など瀟洒(しょうしゃ)な絵を鉄の絵の具で描き、その上に上釉を施したものです。絵柄についても簡素な李朝風の絵柄から織部好みとされるデザイン性に富んだ絵柄まで幅広くあります。
◇梅花皮(かいらぎ)とは、そもそも上薬の特質である程度の温度に達すると表面張力で収縮が起こり温度が上がるにつれガラス化し水飴みたいに液状になり伸びていきます。この収縮があったまま窯の火が止まり冷却され凝固化されたものです。特に胎土の表面がざらついた所など多く変化します。本来完璧な焼き物とすると欠陥品でしょうが日本人特有の美意識により最高のものとされています。梅の花か老木の皮みたいなことより名称が出来たようです。日本刀などの塚の部分などに滑り止めや装飾で使われているのもその名で呼ばれています。

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.