彫唐津 半筒 茶碗 鶴田純久作 茶碗とお茶で、温まろう。

品目:彫唐津 半筒 茶碗
ytof014
◇寸法 長径:約12.1センチ × 高さ:約7.6センチ 重さ:約330グラム
◇やや小ぶりな半筒の茶碗で胴回りにヘラで強く彫りが入れられています。その彫り回りに梅花皮(釉の縮れ)が生じ景色を醸し出しています。
◇やや砂気のある白い土で制作され、高台には縮緬皺がでて景色となっています。
◇全体に白っぽい肌色で使い込めばよく育つと思います。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇彫り唐津(ほりからつ)とは、素地の表面を鉋や篦などで彫り文を入れ装飾したものをいい、彫り文を入れたところによく梅花皮や上薬の濃淡などで景色が出ています。人為的なデザインですがそれをより自然な雰囲気にするのが見所のようです。起源は古く文禄・慶長の役の頃、古田織部の指導が入ったと言われています。斑釉をかけたものや黒釉をかけたものに彫文を施したものもありますが、普通は斑唐津、黒唐津と呼んでいます。

Related posts:

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.