黒唐津 碗 茶碗 鶴田純久作 奏でるのは茶碗です。

品目:黒唐津 碗 茶碗
ytog006
◇寸法 長径:約12.1センチ × 高さ:約8.2センチ 重さ:約350グラム
◇この茶碗は、碗形の茶碗で全面にややつや消しの落ち着いた黒い上薬が施され、楽の黒とはまた違う赤みが入った黒で赤の斑点が現れている。
◇畳付より腰にかけて数カ所に火回りの加減で窯変がでている。
◇やや小振りながらフカミがある黒唐津茶碗で見込み内は夜空を思わせる雰囲気があり、茶を点てると茶写りの良さが伺えます。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇黒唐津(くろからつ)とは、他の分類に属さない暗くて黒っぽい釉膚の唐津をこう呼んでいます。木灰と鉄の含有量が多い岩石とを混ぜ合わせた釉薬をかけ焼成したもので、鉄分の含有量の量や、原料の成分により、黒、飴、柿色などに変化します。装飾的には拘らない甕や壺などの民具に多く使われているようです。単色の上薬ですが窯変などの変化したものが良しとされています。

Related posts:

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.