斑唐津 耳付 矢筈口 水指 鶴田純久作 夏は、すぐ来て、すぐ終わる。

サイト:HISASIH-SHOP http://store.shopping.yahoo.co.jp/hisasihshop/
品目:斑唐津 耳付 矢筈口 水指
ytpm020
◇寸法 長径:約17.9センチ × 高さ:約18.5センチ 重さ:約1450グラム
◇唐津特有の叩き技法で制作し、口は矢筈口で双方の肩には耳をつけられています。
◇全体に白いわら灰釉の斑釉が掛かり、叩きの板目と斑釉の濃淡とが相俟って景色を醸し出しています。
◇底の畳付にはそう高くない三つ足がつけられ底との接点を少なくしてあります。また、底の面には板の木目や貝高台の跡が残り底の裏面にも景色が窺えます。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇斑唐津(まだらからつ)とは、唐津焼では起源が最も古く、藁などの硅酸分の多い植物(主に稲科)の灰を混ぜた半透明の白い上薬で、土や焚き物の灰などがかかり釉面の溶け具合が斑状になり変化しているところより名前の由来があり、本来は普通の上薬でどれとこだわらない焼き物を焼くつもりでしたが上薬を配合する上で土灰の作り方に違いがあり木灰か草灰かどちらを主成分にするかで透明になるか乳濁かの違いでした。今日ではその乳濁釉の窯変具合が見所となっています。

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.