伊木肩衝 いきかたつき

伊木肩衝 大名物 漢作肩衝茶入 伊木肩衝 大名物 漢作肩衝茶入

大名物。漢作肩衝茶入。もと伊木氏が所持していたところからこの名があります。
大疵物ではあるが口が締まっているため品位が非常に高く、漢作の中で一種独特の形式を具えた茶入であります。
もと豊臣秀吉が所蔵していたものを、伊木七郎右衛門が拝領しました。
その後桂川周甫が仲立ちして松平不昧の手に入りました。
(『麟鳳亀龍』『瀬戸陶器濫脳』『大正名器鑑』)

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.