荒木高麗 あらきごうらい

荒木高麗  大名物 朝鮮茶碗 高麗

大名物。朝鮮茶碗、高麗。荒木摂津守村重が所持していたところからこの名があります。
一見安南茶碗のようでありますが、釉が柔らかく特に内部に井戸茶碗のような白釉なだれがあるのは高麗茶碗の特色とみられます。
もと利休が所持し、荒木村重を経て尾張徳川家に入りました。
現在徳川黎明会蔵。(『玩貨名物記』『古今名物類聚』『名物記』『大正名器鑑』)

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.