粟田焼 あわたやき

栗田焼 京都栗田(東山区)付近の陶器

京都粟田(東山区)付近の陶器の総称。近代では清水焼が磁器を主とするのに対し、粟田焼は陶器を主としています。
粟田口焼が最も古く、その他岩倉山・錦光山・丹山・宝山・帯山などが著名であります。
色絵にすぐれ、多くは茶器であります。
明治以後京薩摩の名で海外で賞美され、一時粟田焼の黄金時代を呈しましたが、貿易の不振でその後衰微しました。

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.