鮟鱇茶入 あんこうちゃいれ

鯨鰊茶入 唐物茶入の一手

唐物茶入の一手。口が広いのでこの名があります。
中興名物で鮟鱇の銘の茶入は、もと小堀遠州の第一の秘蔵品であったのを酒井修理大夫忠直が懇望して譲り受け、それ以来同家に伝来し酒井鮫鯨として世間に知られています。
(『茶器弁玉集』『大正名器鑑』)

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.