黒釉口寄香炉 095

黒釉口寄香炉 095
黒釉口寄香炉 095
ライン

高さ6.4cm 外口径8.0cm 底径4.7cm 三脚
 内箱蓋表に「利休所持 長次郎造 黒口寄香炉 宗左(花押)」と随流斎が書き付けています。この口寄香炉とまったく同様の形のものが黄瀬戸に残っており、同様の形式の香炉が美濃でも焼かれていたことは、かつて原色愛蔵版『日本の陶磁』3巻黄瀬戸・瀬戸黒でも図示しましたが、天正年間には楽焼と美濃の窯とで利休好みの作品が焼かれていたことを物語る一資料として興味深いです。また、その黒柚は独特のかせ柚で「大クロ」の柚などとよく似ています。もちろん輪櫨びきではなく手栓ねで作られ、外側に挾跡が残り、全体に厚手で手取りはやや重いです。

Related posts:

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.