灰器 101

灰器 101
ライン

高さ8.6cm 口径19.4cm 丸底
 この灰器はノンコウの作で、内箱蓋裏に「のんかう 灰ほう路く左(花押)」と如心斎が書き付けています。全面に薄く仙がかけられ、腰の下にノンコウ常用の印が捺されています。ノンコウ作の灰器としては優れたものの一つです。ノンコウ時代から、このように仙薬をかけた赤楽の灰器が焼かれるようになる。腰にめぐらされた櫛目も装飾的にあらわされるようになり、長次郎時代の素朴な作行きとはかなり異なった作為がうかがわれるものです。

Related posts:

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.