粟田焼 あわたやき

京都粟田(東山区)付近の陶器の総称。近代では清水焼が磁器を主とするのに対し、粟田焼は陶器を主としています。粟田

有馬筆 ありまふで

名物型物香合の一つ。呉須。小さい角形で前後に漁樵、左右に竹の文様があります。上のつまみには人形があります。兵庫

編笠 あみがさ

茶碗の形が歪んで編笠状をしたものです。朝鮮産刷毛目茶碗にこれがあります。本当はできそこないの品であるが茶味があ

尼呉器 あまごき

朝鮮産呉器茶碗の一種。かつて朝鮮の使節がわが国に来た時、京都鷹ヶ峰(北区)の尼寺薬師院に宿泊した女性たちが朝夕

尼焼 あまやき

楽焼の元祖阿米夜の妻比丘尼作の茶碗。淡飴釉が特色であります。『和漢諸道具見知妙』(1694、元禄七年編)に「尼