柞灰 いすばい

静岡県以西に生える柞(いすのき)を燃やしてつくった灰。ユス灰とも呼ばれました。磁器釉の媒溶剤に適し、古くから有

あてぎ

「ときや」とも言う、叩きのとき内側に当て外側には叩き板で叩くという使い方をします。「青海波状紋」の模様になる年