雄蔵山 おぐらやま

古井戸茶碗。小貫入。開き加減の柔らかい椀形の作で、竹の節高台も荒さがありません。赤みを含んだ草色だちの釉がおだ

有来 うらい

堅手茶碗。中興名物。有来新兵衛が所持したことによりこの名があります。この茶碗を楚白とする説もありますが、端反り

薄柿 うすがき

玉子手茶碗。名物。この茶碗は、土・形・釉ともに堅手とよく似ていますが、釉だちが卵白色を帯びて堅手と異なることか

牛若 うしわか

志野茶碗。端正で、おおらかで作振りのよい茶碗です。口縁の山形が柔らかい線をみせています。鉄絵具で描かれた橋と水