生爪 なまづめ

伊賀花入。筒形で、口は鍔口となり、腰に太く一筋帯をめぐらし、ずんぐりとしていて気のきいた形とはいえませんが、そ

鬼の腕 おにのうで

備前花入。その強くたくましい姿から、渡辺綱が羅生門で斬り落とした鬼の腕を連想して付けられた銘。備前花入で銘をも

絵唐津耳付花入 えがらつみみつきはないれ

絵唐津は、鉄分の多い砂土の胎土の上に、草花文様や橋上人物図など瀟洒な絵を鉄釉で描き、その上に灰色釉を施したものであります。 一般に花入には卓然としたものが少ないが、この花入は姿がよく、口造り、耳付の具合い、やや青みのある

岩かど いわかど

伊賀耳付花入。「岩かど」の銘は荒木宗允によるもので、その箱書となっています。荒木宗允は幕末の美術商で浪花に住し