呉須・呉州 ごす

コバルト化合物を含む鉱物の名。 沙のように黒くて青緑を帯びています。 これを極細末にして水に溶かし、文様を磁器

腰蓑 こしみの

中興名物。高取焼茶入。 遠州好みの高取茶入のうち、鮫線形は特に珍しい。 唐物とはちがい、精作なる中にも稚味があ

塞 こしじ

中興名物。藤四郎春慶茶入、塞手本歌。 越路ともいいます。 加賀侯がこれを所持していた時、小堀遠州が北国の意を表

五彩 ごさい

中国明朝において完成した上絵付。 焼き上げられた絵具は透明で素地が透けて見え、冷たく硬い感じを与えます。 よっ

古薩摩 こさつま

一般に古薩摩というのは薩摩焼開窯初期の作品を指し、陶工は帰化朝鮮人星山仲次金海・芳珍・金和・金林・田原万助・同

黒陶 こくとう

上器焼成の時、窯の中を還元状態にしたうえ松葉などの油煙を出す燃料で煉べ、炭素を土器の表裏に付着・吸収させてでき