斑彫唐津水指 まだらほりからつみずさし

斑唐津は初期の唐津焼に広く行なわれた釉法。 藁灰失透釉による白濁色中に、いわゆる海鼠調手の斑流れのみえるものであります。 この水指は唐津の壷に多くみる算盤玉形、たたその稜角がすこぶる強く、土体に山形の箆彫りを連ねています

守山 もりやま

斗々屋茶碗。淡い枇杷色の肌に青みの火変わりが入りまじり、その間に内外とも鹿の手の斑点が点景となって美しいです。

猛虎 もうこ

志野茶碗。素地土はもぐさ土で、やや厚めにつくられていますが、厚さは少しも苦にならず、むしろ手触りが暖かで、力強

三芳野 みよしの

萩茶碗。この茶碗の見所は高台にあります。高台の白釉は藁灰釉の失透によるもので、これが白く柔らかい淡雪のほのかさ

三芳埜 みよしの

井戸茶碗。名物。名物手。約束どおり抱えぎみの椀形で、高く広い竹の節高台が付き、かなりきつい轆轤目が走りますが、

三好 みよし

粉引茶碗。大名物。茶人特有の端的な名称で、白泥が全面に引いてあるから粉吹ともいいます。粉引の素地には細かい黒褐

松平 まつだいら

粉引茶碗。大名物。品のよい薄造りですが、大振りで堂々としています。美しい白土は高台内にまでかかり、総釉ですが、

松風 まつかぜ

黒織部茶碗。姿は沓形で、全体に薄造りであり、自由でざんぐりした作風です。織部独特の大胆で閥達な造形感覚で、「松