瑠璃釉蓮文水指

高さ20.8㎝ 口径13.3㎝ 底径11.7㎝ 口作りを姥口風に、肩はまるく撫で、胴を締めて裾張風にした独特の器形は、江戸時代初期に一時期、唐津や有田で流行した器形であるが、明らかに水指として作られたものであろう。 正面

廬瀑 ろばく

朝鮮唐津一重口水指。 千家名物。「廬爆」の銘は、蓋裏に了々斎宗左が李白の観瀑の詩を書いていることによる。 まことに豪快な白釉の大なたれ。 黒釉の中に点々と無数の星辰を望み、まさに銀河の中天に落ちるかと疑われるばかりの景色

斑彫唐津水指 まだらほりからつみずさし

斑唐津は初期の唐津焼に広く行なわれた釉法。 藁灰失透釉による白濁色中に、いわゆる海鼠調手の斑流れのみえるものであります。 この水指は唐津の壷に多くみる算盤玉形、たたその稜角がすこぶる強く、土体に山形の箆彫りを連ねています

福の神 ふくのかみ

叩き黒唐津三足水指。 耳付。 叩き上げ造りで轆轤調製。 この手には必ず内部に叩き目が残っています。 胴締めぎみ、ロは矢筈で、少し焼け垂れの前かがみ、底に小さな三足を付ける。 胴体上部に太く下部に細い横箆、腰箆二線、首部に

不悪 ふあく

備前耳付水指。共蓋。ねっとりとした田土で、下がり耳、首部を締め腰を張り、無造作な箆文様をみせ、さらに締めてから

琵琶箱 びわばこ

肥後焼水指。 肥後焼には細川三斎の八代焼と、加藤清正の小代焼があります。 いずれも朝鮮陶工によって起こりました。 八代焼けその元窯の豊前土野焼とよく似ていて、区別するのに困難であります。 土野焼とて古唐津・古高取と同類、