生爪 なまづめ

伊賀花入。筒形で、口は鍔口となり、腰に太く一筋帯をめぐらし、ずんぐりとしていて気のきいた形とはいえませんが、そ

乃の宮 ののみや

薩摩茶碗。釉の変化が多彩で、見込の景色にも、高台近くの作振りにも茶情が濃いです。この茶碗に限らず薩摩焼は、釉が

子の子餅 ねのこもち

唐津茶碗。 茶碗のための茶碗といった感じのする茶碗である。 非常に素直な作行きで、作者が朝鮮の陶工であることを語っている。 茶人は好んでこうした無作の作為を貴んだのであった。 高台の少し上に指痕らしきものがあり、これを子