廬瀑 ろばく

朝鮮唐津一重口水指。 千家名物。「廬爆」の銘は、蓋裏に了々斎宗左が李白の観瀑の詩を書いていることによる。 まことに豪快な白釉の大なたれ。 黒釉の中に点々と無数の星辰を望み、まさに銀河の中天に落ちるかと疑われるばかりの景色

老僧 ろうそう

古井戸茶碗。大名物。鉢開きのぶっきらぼうな姿に、大井戸のごとき見所もなく、無造作な造りです。にもかかわらず、蒼

両彦 りょうひこ

釘彫伊羅保茶碗。肌には細筋よく立ち、釉肌の青み・赤みのあがり見事で、石はぜ多い中に高台際の濃い釉溜りがすぐれた

六祖 ろくそ

名物。後窯茶入、正意作。六祖忽能の立姿に似ているとしてこの名かおります。もと土川相模守所持、のち沼津城主水野出

蓮子杯 れんしはい

口から下が急激にすぼまって底足のすこぶる小さな杯をいいます。蓮子を盛るのでこの名があって、形が蓮子に似ているか

六兵衛 ろくべえ

京都の陶家清水六兵衛。初代六兵衛は愚斎と号し、幼名栗太郎、摂津国島上郡東五百住村(大阪府高槻市東五百住町)古藤

轆轤 ろくろ

陶磁器成形用の旋盤。盤上に坏土を置きこれを旋回させ、その旋回を利用し坏土を引き上げて器物を成形します。「名義」