古薩摩 こさつま

一般に古薩摩というのは薩摩焼開窯初期の作品を指し、陶工は帰化朝鮮人星山仲次金海・芳珍・金和・金林・田原万助・同

忠度 ただのり

薩摩焼茶入。中興名物。薩摩守忠度の名が知名であることから、薩摩焼であるこの茶入に「忠度」と付けたもので、命銘は

吾妻野 あづまの

薩摩筒茶碗。帖佐焼は薩摩諸窯の中でも最も古い窯の一つで、文禄・慶長の役(1592-8)に出陣した藩主島津義弘が

乃の宮 ののみや

薩摩茶碗。釉の変化が多彩で、見込の景色にも、高台近くの作振りにも茶情が濃いです。この茶碗に限らず薩摩焼は、釉が