地蔵 ぢぞう

瀬戸後窯茶入、利休窯。中興名物。胴の一面に地蔵形の箆があることから小堀遠州が命銘。もと江戸深川の豪商冬木小平次

田面 たづら

瀬戸後窯茶入、落穂手。万右衛門作。中興名物。『珍説要録』によれば、佐川田喜六が万右衛門作の茶入を拾い出し、これ

滝浪 たきなみ

瀬戸金華山窯茶入、滝浪手本歌。中興名物。茶入のなたれの景に因んで小堀遠州が命銘。この類を青江手ともいいますが、

鳥羽田 とばた

瀬戸後窯茶入、落穂手。万右衛門作。中興名物。小堀遠州が「友雀ひきいておりぬ山城の鳥羽田の面に落穂ひろふと」の歌

冬枯 ふゆがれ

黒織部茶碗。黒織部茶碗のふつうの形はこれより浅い沓形で、このように深いものは稀です。立ち上がった胴部にうねるよ

振鼓 ふりつづみ

瀬戸後窯茶入、落穂手。万右衛門作。中興名物。振鼓とは稲田で鳥を追う鳴手の一名で、この茶入の形姿がそれに似ている