立瓜 たちうり

型物香合の一種。ひだのある瓜を立てたような長めの形のものです。 祥瑞手のものが喜ばれ、美しい藍色の文様があり一

竹の節 たけのふし

香炉または香合・蓋置などの場合にはおおむね胴辺にある凸起をいい、茶碗の場合には高台脇の作風をいいます。 共にそ

滝津 たきつ

名物。真中古茶入、正信春慶。阿部豊後の歌「山深み滝津はや川音すみてこころの塵に松風ぞ吹く」の歌意によって銘しま