割込 わりこみ

上絵付の際、骨描の金または赤・黒の線を残して、その中に彩色する手法をいいます。ただし黒の場合は普通の絵呉須と異

碗 わん

中国では孟の小さいものを碗といい、また鎧・安・埃などの字を当てますが、古くは碗の字はないようです。いずれもやき

藁掻 わらがき

藁で掻いて描いたような感じの文様。白絵の化粧掛けを施し、そのまだ乾かないうちに手近の藁などを取って掻いてつくっ

和楽 わらく

尾張の人尊寿院の銘でありましたが、のち愛知県知多郡西阿野(常滑市)高讃寺住職慈明に授与しました。それ以来慈明も

脇窯 わきがま

楽焼の一派。京の楽家代々の作品を本窯というのに対し、本家より分かれて別に一家をなし新たに窯を起こしたのを脇窯と

脇取 わきどり

高台の脇取。楽茶碗などの高台の脇を箆あるいはその他のもの・で土を削り取る際、一種の高低と凹凸とを見せ、なんとな

輪高台 わこうだい

広義には板起こし高台に対して割出し高台の総称。狭義には蛇の目高台に同じ。輪糸切 わいときり茶入などの底に轆轤に

鷲の山 わしのやま

名物。御室焼茶入、仁清作。銘は『玉葉集』「折知りて見はやす人もまれならむ鷲のみやまの花の一枝」の歌意に因みます