霧吹き

鶴田 純久
鶴田 純久

染付の模様「吹き墨」などに使ったり、釉薬の施釉に使ったりします。
現代はコンプレッサーでスプレー掛けしていますが、味のある施釉とかわざと斑が出るようにしたいときは使っています。
機械的なスプレーとは違い液の粒自体が大小有り変化に富みます。

記事・情報

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た