青唐津 片口 ぐい呑 鶴田純久作 器の言葉が、生きるチカラになります。

鶴田 純久
鶴田 純久

サイト:ヤフーストア HISASIH-SHOP http://store.shopping.yahoo.co.jp/hisasihshop/
品目:青唐津 片口 ぐい呑
ytga029
◇寸法 長径:約7.6センチ × 高さ:約5.5センチ 重さ:約134グラム
◇このぐい呑は、小さな小さな片口のぐい呑です。ぐい呑なので片口は装飾の意味合いが大きいようです。全面に土灰釉で作られた青唐津釉が施され手練作成の凹凸感が相俟って素朴な味わいを醸し出しています。
◇砂気の多い土で作られているため縮緬皺がよく出ています。また高台畳付には貝高台の跡と三日月高台が味わい深いものにしています。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇青唐津(あおからつ)とは、一般に古唐津の窯で上等品でない器にこの手の上薬を施し焼いていたようで、上薬の生成過程でも粗末なもので不純物の多い土灰と土石類とを混ぜ合わせ、量産ものに使われたようです。普通は暗い緑が多いようでが、たまたまこれが還元炎で焼かれているとグリーンの青磁色に発色して綺麗なグリーンになります。現代ではその素朴さ故に野武士のような唐津とかみ合って、人々には癒やしの色として映り探求されています。土の色とか窯の焼成方法でいろんな色に変化しそれが見所になっています。
◇貝高台(かいこうだい)とは、単体では高温で溶けることのない石灰石、その成分で出来た貝を器とハマや窯床との間に敷き宙に浮いた状態でお互いの焼き付きをなくす役割をします。焼成後は湿気で粉状になり簡単につぶすことが可能ですので後処理が簡単であることが、昔から窯道具としてよく使われていた所以でしょう。単体で溶けない石灰石ですが貝殻の塩基成分とかみ合って土と溶け合い貝殻の跡がくっきりと残ります。その溶けて残った跡を装飾の意味で貝高台と称しています。◇三日月高台(みかづきこうだい)とは、器の高台を削り出すときに轆轤で削るのですが昔の轆轤は芯(中心)が取れずに歪みが生じたり、技術が卓越で手早く刷り出すことで左右ずれが出来、あたかも三日月のように見えることで、そう呼ばれるようになりました。これも日本人特有の美意識が粋で使う呼び名だと思います。

前に戻る

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。