青唐津 碗形 茶碗 ytoa001

◇作品名:青唐津 碗形 茶碗
◇品番:ytoa001
◇寸法:長径約13cm×長高約7.3cm重量約290g
◇この茶碗は素直な碗形で、古唐津より良く焼かれていた青唐津の御茶碗です。やや青磁っぽくなり綺麗な緑の発色です。
◇正面は火加減で釉薬に斑が出来少し黒ずんだ窯変も面白いところです。

商品コード: ytoa001 カテゴリー: タグ: , , , , , , ,

◇作品名:青唐津 碗形 茶碗
◇この茶碗は素直な碗形で、古唐津より良く焼かれていた青唐津の御茶碗です。やや青磁っぽくなり綺麗な緑の発色です。
◇正面は火加減で釉薬に斑が出来少し黒ずんだ窯変も面白いところです。

◆◆◆予備説明◆◆◆

[ms_row][ms_column style=”1/3″ align=”left” class=”” id=””][ms_accordion style=”simple” type=”1″ class=”” id=””][ms_accordion_item title=”青唐津(あおからつ)とは” color=”#ffffff” background_color=”#dd9933″ close_icon=”fa-commenting-o” open_icon=”fa-commenting” status=”close”]

◇青唐津(あおからつ)とは、一般に古唐津の窯で上等品でない器にこの手の上薬を施し焼いていたようで、上薬の生成過程でも粗末なもので不純物の多い土灰と土石類とを混ぜ合わせ、量産ものに使われたようです。
普通は暗い緑が多いようでが、たまたまこれが還元炎で焼かれているとグリーンの青磁色に発色して綺麗なグリーンになります。
現代ではその素朴さ故に野武士のような唐津とかみ合って、人々には癒やしの色として映り探求されています。
土の色とか窯の焼成方法でいろんな色に変化し見所になっています。

[/ms_accordion_item][/ms_accordion][/ms_column][ms_column style=”1/3″ align=”left” class=”” id=””][ms_accordion style=”simple” type=”1″ class=”” id=””][ms_accordion_item title=”窯変(ようへん)とは” color=”#ffffff” background_color=”#dd9933″ close_icon=”fa-commenting-o” open_icon=”fa-commenting” status=”close”]

◇窯変(ようへん)とは、作者が意識せず窯の中で炎や灰がかかり、上薬や土膚が別の雰囲気に変化した物をいいます。
上薬や土の性質、窯の炊き方や窯の場所等で多種多様の要素で変化が起こり、焼き物の特に陶器の創作上や鑑賞の上で重要な部分を占めています。

[/ms_accordion_item][/ms_accordion][/ms_column][/ms_row][ms_row][/ms_row]