備前唐津 叩キ壺 ytzy006

◇作品名:備前唐津 叩キ壺
◇品番:ytzy006
◇寸法:長径約31.5cm×長高約27cm重量約5200g
◇この壷は2種類の色の違った土でより紐を造りその紐を輪積みにして叩き練り込み状の紋様を付け、叩き板目も大きく亀甲紋がついています。
◇焼〆で焼かれ上半身部分は黒く窯変させ縄文土器のような雰囲気を醸し出しています。

商品コード: ytzy006 カテゴリー: タグ: , , , , , ,

◇作品名:備前唐津 叩キ壺
◇この壷は2種類の色の違った土でより紐を造りその紐を輪積みにして叩き練り込み状の紋様を付け、叩き板目も大きく亀甲紋がついています。
◇焼〆で焼かれ上半身部分は黒く窯変させ縄文土器のような雰囲気を醸し出しています。

◆◆◆予備説明◆◆◆

[ms_row][ms_column style=”1/3″ align=”left” class=”” id=””][ms_accordion style=”simple” type=”1″ class=”” id=””][ms_accordion_item title=”備前唐津(びぜんからつ)とは” color=”#ffffff” background_color=”#dd9933″ close_icon=”fa-commenting-o” open_icon=”fa-commenting” status=”close”]

◇備前唐津(びぜんからつ)とは、叩き締めた赤い土膚に灰釉を薄くかけて焼いたもので、一見焼〆のように見れますがその錆びた色あいと土の締まり具合、そして強い織部好みのひずんだ形が備前茶陶によく似ているため、近来この類を備前唐津と呼ぶようになりました。
もとは朝鮮唐津といわれていたものですが、飴釉・藁灰釉のかけ分けの朝鮮唐津と区別するために備前唐津と呼ぶようになりました。

[/ms_accordion_item][/ms_accordion][/ms_column][ms_column style=”1/3″ align=”left” class=”” id=””][ms_accordion style=”simple” type=”1″ class=”” id=””][ms_accordion_item title=”窯変(ようへん)とは” color=”#ffffff” background_color=”#dd9933″ close_icon=”fa-commenting-o” open_icon=”fa-commenting” status=”close”]

◇窯変(ようへん)とは、作者が意識せず窯の中で炎や灰がかかり、上薬や土膚が別の雰囲気に変化した物をいいます。
上薬や土の性質、窯の炊き方や窯の場所等で多種多様の要素で変化が起こり、焼き物の特に陶器の創作上や鑑賞の上で重要な部分を占めています。

[/ms_accordion_item][/ms_accordion][/ms_column][ms_column style=”1/3″ align=”left” class=”” id=””][ms_accordion style=”simple” type=”1″ class=”” id=””][ms_accordion_item title=”叩き(たたき)とは” color=”#ffffff” background_color=”#dd9933″ close_icon=”fa-commenting-o” open_icon=”fa-commenting” status=”close”]

◇叩き(たたき)とは古唐津特有の技法で、轆轤の天板上にまるい盤状の土板をのせて底板とし、この上に粘土の紐を輪にして、いくつもいくつも積み上げてゆきます。適当な高さに達したら、この円筒状の器壁を内コテと外板とで叩き締めて制作したものです。
すなわち内側に丸太を輪切りにした当て木をあてがい、その外面をラケット状の叩き板で叩き伸ばしてゆきます。轆轤を少しずつ回しながら、上下左右満遍なくリズムよく叩くのです。
こうすることによって輪と輪が緊密に接着し、器壁は薄く膨らみ。有機的な一個の壷に生まれ

[/ms_accordion_item][/ms_accordion][/ms_column][/ms_row][ms_row][/ms_row]