斑唐津 沓形 茶碗 ytom059

◇作品名:斑唐津 沓形 茶碗
◇品番:ytom059
◇寸法:長径約11.2cm×長高約7.9cm重量約350g
◇この茶碗は楽茶碗風に手練で成形された半筒の茶碗で、全面に白く良く溶けた感じの斑釉が施され、火回りのせいで正面には釉の流れと赤く窯変をおこし景色が絶妙な幽玄的です。
◇砂気の多い粗めの白い土で制作され土は肌色に焼け貝高台の跡が残っています。
◇口縁部分の凹凸や歪さも茶碗の柔らかさを表し全体の景色として醸し出しています。

商品コード: ytom059 商品カテゴリー: タグ: , , , , , , ,

◇作品名:斑唐津 沓形 茶碗
◇この茶碗は楽茶碗風に手練で成形された半筒の茶碗で、全面に白く良く溶けた感じの斑釉が施され、火回りのせいで正面には釉の流れと赤く窯変をおこし景色が絶妙な幽玄的です。
◇砂気の多い粗めの白い土で制作され土は肌色に焼け貝高台の跡が残っています。
◇口縁部分の凹凸や歪さも茶碗の柔らかさを表し全体の景色として醸し出しています。

◆◆◆予備説明◆◆◆

[ms_row][ms_column style=”1/3″ align=”left” class=”” id=””][ms_accordion style=”simple” type=”1″ class=”” id=””][ms_accordion_item title=”窯変(ようへん)とは” color=”#ffffff” background_color=”#dd9933″ close_icon=”fa-commenting-o” open_icon=”fa-commenting” status=”close”]

◇窯変(ようへん)とは、作者が意識せず窯の中で炎や灰がかかり、上薬や土膚が別の雰囲気に変化した物をいいます。
上薬や土の性質、窯の炊き方や窯の場所等で多種多様の要素で変化が起こり、焼き物の特に陶器の創作上や鑑賞の上で重要な部分を占めています。

[/ms_accordion_item][/ms_accordion][/ms_column][ms_column style=”1/3″ align=”left” class=”” id=””][ms_accordion style=”simple” type=”1″ class=”” id=””][ms_accordion_item title=”貝高台(かいこうだい)とは” color=”#ffffff” background_color=”#dd9933″ close_icon=”fa-commenting-o” open_icon=”fa-commenting” status=”close”]

◇貝高台(かいこうだい)とは、単体では高温で溶けることのない石灰石、その成分で出来た貝を器とハマや窯床との間に敷き宙に浮いた状態でお互いの焼き付きをなくす役割をします。焼成後は湿気で粉状になり簡単につぶすことが可能ですので後処理が簡単であることが、昔から窯道具としてよく使われていた所以でしょう。
単体で溶けない石灰石ですが貝殻の塩基成分とかみ合って土と溶け合い貝殻の跡がくっきりと残ります。
その溶けて残った跡を装飾の意味で貝高台と称しています。

[/ms_accordion_item][/ms_accordion][/ms_column][/ms_row][ms_row][/ms_row]