朝鮮唐津 叩キ 八角 水指 鶴田純久作_ytpt054

見出し:茶を点てたくなる今日にしよう。鶴田 純久の章
作品名:朝鮮唐津 叩キ 八角 水指 鶴田純久作
品番:ytpt054
付属:桐の木箱
◇寸法 長径:約20.6センチ × 高さ:約17.3センチ 重さ:約1860グラム

お買い上げは此方へ

作品名:朝鮮唐津 叩キ 八角 水指 鶴田純久作
◇唐津特有の叩き技法で制作し、形を八角柱に象った少し大ぶりな水指です。
◇朝鮮唐津特有の白と黒のコントラストが際立ちその中でも白釉の流れ具合が滝のような趣が叩き目と相俟って絶妙です。
◇底の畳付には板目の後と貝高台の跡が残り、普通は見えないそこの部分にも景色を醸し出しています。

◇このような仕込みになります。


仕込み・木箱

木箱紐掛け

この商品は「株式会社 藤正」の実店舗で購買できます。
住所および連絡先・ウェブサイトは此方まで
住所:〒844-0024 佐賀県西松浦郡有田町赤坂卸団地
電話番号:0955-42-3090
E-MAIL:shop@fujimasa.co.jp
URL: 株式会社 藤正

[map lat=”33.193862″ lng=”129.875489″]株式会社 藤正
やきものの里、佐賀県有田町にて業務用食器(営業用食器)のプランニング及び、業態に応じた商品をプロデュースいたしております。
URL:株式会社 藤正
http://www.fujimasa.co.jp/[/map]
朝鮮唐津(ちょうせんからつ)とは叩き技法(たたきぎほう)とは貝高台(かいこうだい)とは
◇朝鮮唐津(ちょうせんからつ)とは、唐津焼の中での黒(飴釉)と白(斑釉)の上薬の掛け分けて焼成されたものをいい、本来は白黒のコントラストをデザイン的に意識したものですが、今日では合わさった所の絶妙な溶け具合・混ざり具合・流れ具合がもてはやされ主流となり見所となりました。
高温で焼くため窯変ものが多く多彩な表情がうかがえます。
本来、朝鮮唐津とは叩き造りで何の変哲も無い飴釉を掛けて焼いた物、朝鮮のような唐津物といっていましたがいつの間にか白黒の流れの良い物を呼ぶようになったようです。
◇叩き(たたき)とは古唐津特有の技法で、轆轤の天板上にまるい盤状の土板をのせて底板とし、この上に粘土の紐を輪にして、いくつもいくつも積み上げてゆきます。適当な高さに達したら、この円筒状の器壁を内コテと外板とで叩き締めて制作したものです。
すなわち内側に丸太を輪切りにした当て木をあてがい、その外面をラケット状の叩き板で叩き伸ばしてゆきます。轆轤を少しずつ回しながら、上下左右満遍なくリズムよく叩くのです。
◇貝高台(かいこうだい)とは、単体では高温で溶けることのない石灰石、その成分で出来た貝を器とハマや窯床との間に敷き宙に浮いた状態でお互いの焼き付きをなくす役割をします。焼成後は湿気で粉状になり簡単につぶすことが可能ですので後処理が簡単であることが、昔から窯道具としてよく使われていた所以でしょう。
単体で溶けない石灰石ですが貝殻の塩基成分とかみ合って土と溶け合い貝殻の跡がくっきりと残ります。
その溶けて残った跡を装飾の意味で貝高台と称しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。