黒茶碗 銘東 117

黒茶碗 銘東 117
黒茶碗 銘東 117
ライン

高さ8.8cm 口径11.1~12.0cm 高台径4.8cm
北村美術館
 ノンコウとよく似た作行きの茶碗であり、また全面にかかった黒釉もノンコウの黒茶碗とよく似て、一方に白く蛇蝸の窯変があらわれている。しかし茶碗の高台を見ると、ノンコウのそれではなく、まさに光悦の手ぐせがうかがわれる。光悦の特色著しいものというよりも、長次郎焼の茶碗を倣った作振りの一つとして、このようなものも作られたのではないだろうか。口部は楕円で高台は低く、畳付は平らで、底には目跡が不規則に五つ残っている。胴裾に面取箆を浅くめぐらし、見込は光悦茶碗共通の平らな作りで、口部に窯疵が生じている。内箱蓋表には「東 光悦造」と箱書付され、古筆了延が光悦作と極めた札が添っている。三井次郎左衛門家に伝来したものといわれている。

About the author: Yoshihisa Tsuruta