黒茶碗 115

黒茶碗 115
黒茶碗 115
ライン

高さ8.7cm 口径11.7~12.4cm 高台径5.2cm
逸翁美術館
 「雨雲」と一連共通の作行きの茶碗であるが、高台がやや高く、胴の立ち上がりは低い。全体薄手で、胴は直線的にすっきりと立ち上がり、口部はひずんで楕円になっている。また、胴に縦箆目が大きく二筋つけられているのもこの茶碗の特色である。さらに、見込に光悦の茶碗にしては珍しく巴状の茶溜りを作っている。高台は「雨雲」や「時雨」よりも高いが、共通する作行きで、外側はなだらかに腰に連なり、高台内のみをくっきりと円形に削り込んでいる。口部の内外を残して、胴から高台にかけて黒釉がかけられているが、和は漆黒色によく溶けて光沢がある。口部や高台に二、三窯疵が生じており、畳付には大小四つの目跡が残っている。内箱蓋表には「くろ茶わん」と石州らしい筆で書付されている。

About the author: Yoshihisa Tsuruta