お話

丹波三角花入 たんばさんかくはないれ

丹波三角花入 たんばさんかくはないれ 丹波花入

遠州の指導を得て、にわかに洗練された茶器を生み出すに至った丹波焼は、いくつかの茶人によってその所産が明らかにされていますが、花入の遺例は少ないようです。
この花入が遠州の指導であるとはいい切れず、むしろ桃山陶の作風を示しているようにみられますが、年代は明らかではないようです。
しかし口造り、胴の上・下部にある山路状の筋箆、円座状の畳付など、すべて備前にみられる桃山陶の特徴と共通しているところから、遠州指導以前にすぐれた茶陶の存在を示していることになります。
加えて釉景・窯変が見事で、まさに丹波焼を代表する作品ということができましょう。胴は三角形をなし、各稜の肩下に穴のあけられた痕がみられます。
《寸法》高さ25.7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です