丹波三角花入 たんばさんかくはないれ

鶴田 純久
鶴田 純久

丹波三角花入 たんばさんかくはないれ 丹波花入

遠州の指導を得て、にわかに洗練された茶器を生み出すに至った丹波焼は、いくつかの茶人によってその所産が明らかにされていますが、花入の遺例は少ないようです。
この花入が遠州の指導であるとはいい切れず、むしろ桃山陶の作風を示しているようにみられますが、年代は明らかではないようです。
しかし口造り、胴の上・下部にある山路状の筋箆、円座状の畳付など、すべて備前にみられる桃山陶の特徴と共通しているところから、遠州指導以前にすぐれた茶陶の存在を示していることになります。
加えて釉景・窯変が見事で、まさに丹波焼を代表する作品ということができましょう。胴は三角形をなし、各稜の肩下に穴のあけられた痕がみられます。
《寸法》高さ25.7

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2