芙蓉 ふよう

鶴田 純久
鶴田 純久

芙蓉 ふよう 伊賀花入

伊賀花入。重文。伊賀には珍しく女性的な作振りで、発見者の益田紅艶は、内箱蓋裏に「この伊賀に上野あるかは志らねども花は不用と人は云ふなり」と狂歌をしたため、不用に芙蓉をかけて銘としました。
別に「花いらず」とも称されます。
口造りは玉縁の撫四方でむっくりとしており、耳はないが肩にが座が配されて飾りをなし、胴には縦に箆目が走り、裾が下すぼまりとなり、分厚い円座が全体を安定付けています。
また焦げと萌黄色のビードロ文様が柔らかな感じを与えています。
《付属物》内箱-金粉文字・書付益田紅艶筆、蓋裏金粉文字書付同筆《寸法》高さ28.3 口径11.8~12.2 胴径13.2 底径11.8~12.3 重さ2700

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2