御所丸 銘 ゆき

鶴田 純久
鶴田 純久

付属物 箱 桐白木 書付 松永耳庵筆
伝来 藤井某
寸法
高さ:8.3~8.5cm 口径:10.7~12.3cm 高台径:7.3~7.9cm 同高さ:1.0cm 重さ:435g

 鴻池伝来ならびに藤田家伝来の御所丸白茶碗―古田高麗と同手の茶碗です。
藤井某が所持したので藤井御所丸ともよばれましたが、近来、松永耳庵翁の命名で「ゆき」の銘がつきました。作風・釉調ともに。両古田高麗と近似し、御所丸白茶碗の三傑と称すべきでしょう。
 腰の張り出したまるい碗体を軽くおさえて沓形とし、腰の角に大きな箆削りを何か所か入れ、亀甲形に截った高台をつけること、すべて同前です。糸目のような細い轆轤目が走る筒なりの上部と、なた目の入った太く盛り上がった腰との対比が、いつもながちおもしろいです。釉は白を基調にかすかな紅と青のむらがそこここに現われ、見あきがしません。殊に腰から下では、釉が薄いせいもあって、気泡あとから入ったしみが雨漏りとなり、また釉がはげかかったところでは地土の黒がのぞいて、あたかも春のあわ雪が、はだれに土をおおったような風情があります。
「ゆき」の名も、ここから出たのでしょう。

You might also enjoy

隼井戸 青井戸

名物付属物 内箱 棒書付 伏見宮貞愛親王筆 中箱 桐白木 書付 藪内竹翠筆 外箱 書付村雲尼公筆伝来 浪花 生島家所載 申庚大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:5.9cm 口径:13.4cm 高台径:5.0cm 同高さ:0.

加賀井戸 一名獅子

名物手大名物付属物内箱 桐白木 被紙 書付 松平雪川筆 外箱 鉄刀木 几帳面 蒔絵伝来 土岐美濃守―田沼家―松平不昧所載 古今名物類聚 名物茶碗集 中興名物録 本屋了雲著苦心録 古今茶話 伏見屋覚書 松平不昧伝 大円庵茶

御所丸 黒刷毛 茶碗

付属物内箱 鉄刀木 蓋甲 牡丹金蒔絵 面 唐草蒔絵 金粉沃懸 外箱 桐白木 胴 布地 書付伝来 静嘉堂所載 茶器目利聞書寸法 高さ6.8~7.3cm 口径:10.0~12.9cm 高台径6.9cm 同高さ:0.9cm 重