雲井井戸 青井戸

鶴田 純久
鶴田 純久

付属物
内箱 桐白木 書付 白山宗一筆
伝来
大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家
所載
ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑
寸法
高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:275g

 雲井の銘は、大阪の両替商炭屋こと白山家所持の折に、『千載集』雑上、権中納言実宗の歌「播磨がたすまのはれまにながむればなみは雲井のものにぞありける」からとって付けたものである。けだしロ縁の釉景に因んだものでしょう。
 竹の節高台やや大ぶりに、口辺まで直ぐにのびた胴には轆轤目よく立って、脇取りも手強く、鋭い作行きを見せています。青井戸特有の釉肌のうちに枇杷色の上がりも見えて、片身替りの景をなしています。高台辺はことに脇取りのかいらぎ鮮やかで、口辺の釉溜りは秀れた景となって、この茶碗にいっそうの趣を加えています。見込みに目四つ。

前に戻る

You might also enjoy

信楽茶碗 銘 水の子

信楽 銘水の子 付属物 内箱 蓋裏 書付 覚々斎宗左筆 外箱 桐 掻合塗伝来 津田宗及―その子江月和尚―冬木喜平次ト寛政の頃(1789―1800)松平不昧―根津青山所載 千家中興名物記 雲州松平家本千家伝来楽名物記 伏見

朝日茶碗 銘老浪士

朝日 銘老浪士 付属物 内箱 桐 書付 金粉字形 外箱 黒塗 書付伝来 戸町露吟―尾州森川家所載 大正名器鑑寸法高さ:8.0cm 口径:12.2ー13.0cm 高台径:5.0cm 同高さ:1.0cm 重さ:260g  こ

萩茶碗 銘 白雨

萩 銘白雨 付属物 内箱 黒塗 書付 金粉字形 外箱 桐白木寸法高さ8.1―8.3cm 口径:14.2ー15.1cm 高台径5.9cm 同高さ0.8cm  この茶碗は、展覧会でしばしば見たことがある名碗ですが、非常に柔ら