曜変天目 藤田美術館

鶴田 純久
鶴田 純久

大名物
国宝
所蔵:藤田美術館
高さ:6.4~6.8cm
口径:12.3 cm
高台外径:3.8cm
同高さ:0.4cm

土は、他の建窯の天目茶碗と同じく、鉄色の堅緻な土で、削りの轆轤(ろくろ)が早いせいか、膚はつるりとしており、長年の手ずれによって、鈍い光沢さえ見せています。もちろん、土見は例によって、高台と高台わきの、わずかの部分で、あとは一面に釉がかかり、口縁部は銀覆輪でおおわれています。
この茶碗の生命である釉は、一口でいえば、ガラス質の濃黒色の釉ということになりましょう。
ただ一様に、そうだというのではなく、釉の厚いところ、薄いところによって、色沢に微妙な変化が現れます。まず内面について見ましょう。口縁に近いところは、どうしても飴が薄いですので、下地の土色を反映して、飴色は、いくぶん、かっ色がかった黒になりますが、他はすべて深い黒です。
その深い黒の釉面を仔細に見ますと、多くの小斑点が散っているのに気づきます。これが曜変の根源なのです。光線をあまり斜めにあてないように、つまり釉面が乱反射しないようにして見ますと、鈍い銀ねずみ色の小さい輪が、たくさん釉面に浮かんでいます。そして、この輪の中は、黒い点として視覚されるわけです。これに斜光をあてますと、その鈍い色の輪が、群青・紫紺といった、燦然たる光輝を放つのです。妖しく輝く曜変というのは、だからこの黒点そのものではなく、点を囲む輪にほかならないのです。
しかし、もう一歩観察を進めますと、青光を発するものは、この輪の部分が最もいちじるしいですが、その周囲の部分一帯にも、それが及んでいることに気がつきます。概説でも述べられているように、曜変の現象を起こさせるのは、釉面に張った、きわめて薄い膜なのです。
この膜に斜光をあてれば、そこに複雑な乱反射が起こって、曜変となるわけですが、それがさきの輪の部分では、ひときわ強くなっているといえましょう。そしてそれと裏はらに、輪の中の黒点部では、なんらかの理由で、皮膜はほとんど乱反射を起こしません。したがって、黒点を取り囲む青光が、日食のコロナのように、釉面犯輝くことになるわけです。
見込みを俯瞰じた図を見ますと、左上の部分に、青光が兎毫をなして放射しているところがあります。これは、黒点が点として止まらずに、一条痕を引いて、下へ流れたもので、そのために周囲の青光が兎毫状に截られて、こういう現象を起こしたわけです。この黒点なり、黒い条痕は、油滴の粒と、それが流れた兎毫の一種と考えてよいでしょう。それらが皮膜の乱反射を干渉して、輪状や兎毫状の青光を生じさせたのです。しかもこの茶碗では、皮膜の乱反射度がすこぶる強く、虹彩は極端に青みをおび、時として、卯の斑釉でもあるかのような、色感を与えるのです。非常な好条件に恵まれてこそ、こういう釉状が得られたわけで、世界に残る五点の曜変天目のうちでも、一、二に数えられるのは、けっして、ゆえなしとしません。外側は内側に比べて、やや条件が悪かったらしく、皮膜の虹彩が少なく、曜変も鈍いですが、しかし外側にまで曜変の表れた例は、この一碗だけなのですから、世界の宝として、大いに珍重しなければなりません。
大名物として、古来、名高かったこの茶碗は、徳川家康から水戸光圀に譲られ、水戸徳川家に代々伝わりましたが、大正期の同家の売り立てで、藤田家に移りました。元来の天目台は、そのおりに離れたとのことです。
(佐藤雅彦)






		
前に戻る

You might also enjoy

油滴天目 根津美術館

根津美術館高さ;6.6cm口径:12.1cm高台外径:3.8cm同高さ:0.5cm 曜変天目として伝世したものですが、今日ではむしろ油滴の一種と考えられるようになっています。器形は正しい建盞形、鉄分を多量に含んだ、堅い、

油滴天目 松平家

大名物重要文化財高さ:6.8~7.0cm口径:12.5~12.8cm高台外径:4.0cm同高さ:0.6cm わが国に伝世した油滴天目のなかでは、若州酒井家伝来の茶碗と双璧とされていますが、形の整っていることではこの茶碗が

油滴天目 酒井家

大名物国宝高さ:6.8~7.0cm口径:12.3 cm高台外径:4.3cm同高さ:0.7cm 『君台観左右帳記』の一本には、「油滴 曜変の次……上々は曜変にも劣るべからず」とありますが、これはまさしく油滴のうちの上々、稀