志野茶碗

さゝ波 さざなみ

さゝ波 さざなみ 鼠志野茶碗

鼠志野茶碗。この茶碗仕鼠志野の手法で三島文様を掻き落として象嵌にみせています。焼き上がりは赤志野に近いです。当時は、三島文様が茶入の間によほど愛好されていたらしく、不つり合いと思われる鼠志野にまで、こうした文様を掻き付けたのです。この茶碗には窯変によって、赤みと青み、さらに紫と、デリヶートな変化がみられますが、「さゝ波」という銘も、打ち寄せる波を釉の変化の中に見立ててのことでしょう。《付属物》内箱-黒塗曲物、貼紙書付金森宗和筆 外箱-黒塗、蓋裏貼紙書付同筆 極箱-伝来書付平瀬露香筆《伝来》平瀬家《寸法》高さ8.1~8.7 口径12.7~13.0 高台径6.4 同高さ0.8 重さ490