瀬戸唐津 皮鯨 茶碗 014

瀬戸唐津 皮鯨 茶碗 014 瀬戸唐津 皮鯨 茶碗 014

高さ6.0cm 口径15.9cm 高台径5.1cm
滴翠美術館
 瀬戸唐津とは志野に似た釉膚なので、瀬戸風の唐津焼という意味でつけた茶人特有の当意即妙の称である。この茶碗は瀬戸唐津でも俗に皮鯨手と呼ばれている茶碗の優作で、口部に鉄絵具を塗り、全面に長石釉をかけた趣が、黒い皮をつけた皮鯨に似ているので呼ばれたものであろう。その涌洒な作振りから推して、江戸初期、遠州時代の好みがうかがわれる茶碗で、茶人の間では夏茶碗として極めて高く評価されている。しかし、唐津独特の素朴な味はすでに失われている。小さく引き締まった高台から、ほぼ直線的に平らに浅く立ち上がり、見込茶溜りには深くくっきりと鏡をつけ、そのまわりに目跡が三つ残っている。素地は白く荒目で、高台の作りも極めて意識的に端正に削り出されている。高台内には縮緬皺があらわれ、一部に釉がかかっている。
 ほぼ共通した作振りのものが他にもあるが、形や寸法が一定していて、一種の御本茶碗であったと思われる。かつて、名古屋の数寄者、小田徳兵衛秘蔵の名碗として声価の高い茶碗である。

志野 橋文 矢筈口 水指 022<< >>志野 桜千鳥文 香炉 023

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.