備前日本花入

鬼の腕 おにのうで

鬼の腕 おにのうで 備前花入

備前花入。その強くたくましい姿から、渡辺綱が羅生門で斬り落とした鬼の腕を連想して付けられた銘。備前花入で銘をもつものはいたって少ないようです。
本来は大徳利として生まれたものを、茶人が花入としてとり上げたものであるでしょう。口造りは強く端反り、撫三角形の胴に横箆が太くめぐらされ、偶然からか焼けゆがんで一方に傾き、ねっとりとした赤い土味が腰以下にみえ、首から胴にかけて薄いごま釉と灰色が入りまじって、備前特有の景色をみせています。
いかにも織部好みらしい傑作であります。
《付属物》箱-桐白木、蓋裏書付《伝来》古田織部《寸法》高さ29.4 口径11.3~12.5 胴径17.5 底径13.5 重さ2400

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です