秋の山伊羅保 あきのやまいらぼ

秋の山 伊羅保茶碗

名物。朝鮮茶碗、釘彫伊羅保。口造りは山道になってベベラがあり、厚く、外側は赤青が入り交じって鹿子模様をなし、轆轤が三つ切廻され、内側は茶溜まりのほかは青味ができ、茶溜まりは深く赤味が出ています。
紅緑釉の色が錦を織りなす秋の山を連想させるのでこの名があります。
江戸時代中期に冬木喜平治の所蔵でありましたが、寛政(1789-1801)の頃薩摩屋素朴の手に移り、さらに京都三井家、大阪平瀬家、名古屋田中家と転伝しました。
(『つれづれの友』『大正名器鑑』)

赤膚焼 あかはだやき<< >>秋の夜 あきのよ

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.