伊賀花入

岩かど いわかど

岩かど いわかど 伊賀耳付花入

伊賀耳付花入。「岩かど」の銘は荒木宗允によるもので、その箱書となっています。
荒木宗允は幕末の美術商で浪花に住し、鴻池に出入りした人であります。
花入は銘にふさわしく力強い作風で、肌合いも渓流に洗われる岩かどをそのまま連想する趣があります。
ことに胴の下部は強く焦げ、褐色の照りが加わり銘との結びつきを強くしています。
また箆筋が縦横にめぐり、面白いのは中ほどに窓に格手をはめたような彫り筋があって、この花入を特徴付けています。
耳も個性的で、口造りと腰の張りに対比しており、少し斜めに傾きをみせているのも風情があります。
香雪美術館のっ慶雲」と同形・同9 。《伝来》益田家《寸法》高さ27.6 口径11.0 胴径15.6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です