伊賀花入

生爪 なまづめ

生爪 なまづめ 伊賀花入

伊賀花入。筒形で、口は鍔口となり、腰に太く一筋帯をめぐらし、ずんぐりとしていて気のきいた形とはいえませんが、それたけに古格を感じます。正面にはビードロ釉が流れ、裾に焦げをみせた味わい深い花入であります。
伊賀花入は多くが耳付で、耳なしは珍しいですが、これは藤堂伊賀との見分けともなっています。
織部の文に、上田宗箇の強いての懇望により譲るが、愛惜の情たえがたく生爪を剥がされる思いたとあるようで、銘はそこより出たものです。
《付属物》箱『‐桐白木、書付伊丹屋宗不筆 添状-古田織部より上田宗箇あて《伝来》古田織部-上田宗箇・-道ト-伊丹屋宗不《寸法》高さ二五。四 口径15.1 胴径12.8~15.1 底径11.0~13.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です